関東信越エリアの生協の宅配”コープデリ”。”おうちコープ”や”パルシステム”との違いは?

Pocket

生協の宅配にはいろいろある!ありすぎる!!

私は関東の某エリア在住ですが、コープデリの配達トラックを頻繁に見かけます。

なので生協自体は身近には感じていたのですが、私の実家がある、関東の別の地域では、おうちCOOPなるものがあったり、パルシステムという宣伝も見たことがあるし…という事で、実際に自分が生協の宅配を始めるまで、内情はよくわかっていませんでした。

そもそも生協というのは一つの会社ではないんですね。全国各地にいろいろな名称で存在しています。

そのなかでも、関東信越エリアの生協グループが取り組んでいる宅配サービスが”コープデリ(co-op deli)”と”おうちコープ”なんです。どちらの宅配サービスになるかは、お住まいの地域によって決まります。

すぐにも詳細を知りたい!という方は、資料請求して確認するのがてっとり早くて一番確実なんですが(資料請求はこちらから出来ます→生協の宅配)、資料請求までは考えていないけれどちょっと興味がある、という人もいると思います。

そんなわけで、関東信越エリアの生協について、少しご紹介していきたいと思います。

配達エリアによって”コープデリ”と”おうちCOOP”が分かれる

”コープデリ”は、以下の1都7県の生協が集まって取り組んでいる宅配サービスです。

  • コープみらい(千葉、埼玉、東京)
  • とちぎコープ
  • コープながの
  • いばらぎコープ
  • コープぐんま
  • コープにいがた

その他関東信越エリアの神奈川、静岡、山梨は、”おうちCO-OP”という名称のサービスになります。

  • コープかながわ
  • コープしずおか
  • 市民生協やまなし

ちなみにこれら3つの生協は、現在は”ユーコープ”という一つの生協として運営しているそうです。

なので、生協を検討するにあたっては、まずはお住まいの配達地域では、どの生協が利用できるのか。それをまず確認する必要があります。

※いま上げた関東信越地域以外に住んでいる方は、また別の生協が利用できますので、そちらは生協のホームページなどでご確認ください。

パルシステム等、実はまだまだいろいろなサービス形態がある

コープデリとおうちCOOPの他にも、安全面を強化したパルシステムという宅配サービスも有名です。うしさんのマークでお馴染みですよね。パルシステムは首都圏を中心とした1都9県で利用できます。(東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城、栃木、群馬、福島、山梨、静岡)

でも。実は、生協の宅配サービスはもっといろいろあるんです!

詳細は、生協の公式サイトを見て頂くととってもわかりやすいのですが、もういろいろありすぎて見れば見るほど混乱してしまいそうなくらいです(笑)

例えばコープデリがおススメなのはこんなご家庭

というわけで、いろいろ種類はありますが、我が家が利用しているコープデリに関してもう少し詳細をお伝えしたいと思います。

コープデリは、小学生未満の子供がいる家庭では基本手数料と配達料(例えばコープみらいエリアで利用する場合、一般的な家庭では、基本手数料が80円、配達手数料が100円。合計180円が配達のたびにかかります)が無料ですので、利用するデメリットは正直あまり感じられません。また、生協では放射性物質の自主検査や残留農薬検査、食品添加物検査などを行っているので、食の安全にこだわりたい小さいお子さんのいるご家庭にはピッタリです。

実際、我が家も幼稚園児以下が二人いますので、手数料無料はとってもありがたい。商品ひとつでも無料で持ってきてくれるそうですよ!(やってみたことはありませんけれども(笑))

また、シルバー割引という、高齢者の方を対象とした手数料の割引サービスもありますので、高齢のご夫婦で暮らしている世帯などにもやさしいですね。(条件がありますので、詳細はお問合せください)

というわけで、ちょっとわかりにくいのがたまにキズではありますが、とっても便利でお得な生協の宅配サービス。ぜひ活用してみることをオススメします!

さらに詳しく知りたい方は資料請求して、いろいろ教えてもらっちゃいましょう!
日本最大の生協ネットワークが日常のお買い物をサポート!

コープデリでどんな商品が注文できるかを知りたい方はこちらの記事もどうぞ

人気居酒屋メニュー、じゃがチーズもちが生協で買える

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です